英中銀のセンタンス氏:成長は「著しく減速」、景気後退リスクは低い

イングランド銀(BOE)の金融政策委 員会(MPC)メンバー、アンドルー・センタンス氏は21日、個人消費と不 動産市場からは英国経済の「著しい成長減速」が明確に示されていると指摘し た上で、こうした現況はインフレ抑制につながるとの見解を示した。

センタンス氏はエクセターで講演し、「現在みられる英景気減速の明確な 兆候は一部、個人消費や不動産市場に関連している」と語った。同氏はまた、 景気が著しく弱まるとの見方を示した一方、「全面的なリセッション(景気後 退)」のリスクは「極めて低い」と述べた。

BOEは今月7日、金融政策委員会(MPC)で、政策金利のレポ金利を

0.25ポイント引き下げて5.25%にすることを決めた。ここ3カ月で2度目の 利下げだった。