1月英小売売上高指数:前月比0.8%上昇-11カ月ぶり高い伸び(2)

英政府統計局(ONS)が21日発表した1月 の小売売上高指数(数量ベース、季節調整済み)は前月比0.8%上昇と、11カ月ぶ りの高い伸びとなった。電気小売店が大幅な値下げをしたほか、食料品の売り上げ 好調が寄与した。昨年12月は同0.2%低下(改定前=0.4%低下)に改定された。

1月の指数は前年同月比では5.6%上昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめ たエコノミスト26人の調査中央値では、前月比0.3%上昇、前年同月比4.7%上昇 と見込まれていた。

住宅価格が過去10年で3倍となったのに加え、1975年以来の低水準にある失 業率を背景に、消費者の購買行動を支えたことが示された。イングランド銀行の金 融政策委員会(MPC)メンバー、ティモシー・ベズリー氏は、銀行による個人向 け融資引き締めにより、数カ月後に消費支出が「大幅に落ち込み」、経済成長を鈍 化させる恐れがあるみている。

コメルツ銀行のエコノミスト、ピーター・ディクソン氏(ロンドン在勤)は、 「大幅値引きが販売量を支え、消費者の購買意欲がまだあることが示された」と指 摘した上で、「近いうちに利下げが実施される可能性はかなり不確実だ」と語った。

イングランド銀は今月7日、政策金利を0.25ポイント引き下げ5.25%とした。 ディクソン氏は、年内にもう2回利下げがあるとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE