中国は約10%の成長維持へ-世銀次期主任エコノミストの林毅夫氏

世銀の次期チーフエコノミスト、林 毅夫(ジャスティン・リン)氏はインフレ抑制のために中国人民銀行が 金利を引き上げることになっても、同国経済は年率約10%の成長を続け るとの見方を示した。

同氏は20日のベルリンでのインタビューで、人民銀行はインフレが これ以上加速する場合には金利を徐々に引き上げる可能性があるが、経 済成長にはわずかな影響を与えるに過ぎないと述べた。同氏は「それぞ れの措置は規模の小さいものになりそうだ。全般的には中国経済は高い 成長率を維持する見込みだ」と語った。

中国の一部地域では1月中旬からの吹雪で工場閉鎖や交通機関への 障害が生じ、食品や電力供給が中断された。その結果、昨年から急激に 上昇している物価が一段と押し上げられている。1月の中国のインフレ 率は7.1%と、約11年ぶりの高水準だった。