人民元:6日ぶり反落-中国当局が上昇加速観測の一掃図るとの見方

21日の中国外国為替取引では、人民元がド ルに対し6営業日ぶりに反落している。中国が人民元上昇加速の観測を一掃し ようとしているとの見方が背景となった。

中国人民銀行が人民元の中心レートを引き下げたことから、人民元は円以 外のアジアの10主要通貨のうちで唯一下げている。人民銀は今週発表した5カ 年計画で、人民元の柔軟性を高める方針を示した。

UBSの通貨ストラテジスト、ニザム・イドリス氏(シンガポール在勤) は、中国は「人民元上昇を再び容認する前に、ときおりさまざまな観測をぬぐ い去ろうとするのかもしれない」と述べた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海時間午 前9時50分(日本時間同10時50分)現在、前日比0.1%安の1ドル=7.1485 元。前日は7.1436元だった。