ダイセキ環の二宮社長:収益伸びに自信-環境リスク認知度広がり

汚染土壌の調査・浄化処理を行うダイセキ 環境ソリューションの二宮利彦社長は、環境リスクに対する認知度が広がってい ることから、今後の業績の伸びが期待できると述べた。

21日放映のブルームバーグテレビジョンのインタビューで二宮社長は、収 益について「伸びのペースは失速しない」と述べた。建築基準法改正の影響で住 宅着工が落ちているが、土壌汚染に対するリスクの社会的な認知度が高まってお り、穴埋めする。

東証マザーズに上場していたダイセキ環は13日、東証1部に市場を変更す ると同時に名証1部にも上場した。

今後について二宮社長は、全体の97%を占める土壌汚染調査・処理事業に 次ぐ、新しい事業に取り組みたいと述べた。また、高度成長時代に建てられた、 老朽化した建物から資材が出ることから、リサイクル事業先行きに自信を示した。

ダイセキ環株は前日比4000円(1.4%)高の29万1000円(午前9時30 分)。

--共同取材 東京 矢田康子 Editor : Eijiro Ueno, Masashi Hinoki

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 石川英美 Emi Ishikawa +813-3201-2220 eishikawa1@bloomberg.net

松井 玲   Akira Matsui +813-3201-7540 akmatsui@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Peter Langan +813-3201-7241 plangan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE