1月の貿易収支は1年ぶりの赤字-原油高による輸入増で逆転

1月の日本の貿易収支は、原油価格の高騰 が輸入額を押し上げたため、1年ぶりに赤字となった。輸出は、アジアや欧州 連合(EU)向けは堅調だった一方、景気減速が鮮明な米国向けが5カ月連続 で減少した。

財務省が21日発表した貿易統計速報(通関ベース)によると、1月の貿易 収支額は793億円の赤字だった(前年同月は35億円の赤字)。輸出額は同7.7% 増の6兆4115億円、輸入額は同9.0%増の6兆4909億円。ブルームバーグ・ニ ュースがエコノミスト35人を対象に事前調査したところでは、1月の貿易収支 (原数値)は予想中央値で82億円の黒字が見込まれていた。

原油高による輸入額の増加はコスト増を通じて企業収益を圧迫するほか、 生活必需品の値上げによって個人消費が低迷するリスクを増大させる。その一 方で、米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題の影響に伴う 米景気減速を背景とした対米輸出の減少は他地域にも広がる懸念があり、日本 経済の足を引っ張りかねない状況だ。

第一生命経済研究所の柵山順子副主任エコノミストは発表前のリポートで、 「輸出は伸びが小幅鈍化するが、底堅い推移が続く」とした上で、中東など資 源国向けのテレビや乗用車の輸出が、米国向け輸出の減少を下支えすると予想。 貿易収支赤字の主な要因については、原油価格高騰に伴う輸入額の高い伸びが 背景にあると指摘していた。

モルガン・スタンレー証券の佐藤健裕チーフエコノミストは発表前、「日本 が中国をはじめ新興国の堅調な景気拡大の恩恵を受けているにせよ、先進諸国 の経済が冷え込めば一定の影響を免れない」とした上で、「輸出のすう勢は対 米・アジアともに緩やかに鈍化している」と指摘していた。

地域別でみると、対米貿易黒字額は前年同月比4.8%減の5407億円。対ア ジアは同76.2%増の2936億円、対EUは同22.6%増の3477億円だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE