ドイツ証:シュレンゼル氏が日本の投資銀行ヘッドに-資本市場も掌握

【記者:藤田 淳子】

2月20日(ブルームバーグ):ドイツ銀行傘下のドイツ証券は、デイビッ ド・シュレンゼル氏が日本での投資銀行業務を担うグローバル・バンキング統括 本部の統括責任者に就任したことを明らかにした。同氏は資本市場関連の機能を 集約し、昨年4月に新設したグローバル・キャピタル・マーケッツ本部の共同責 任者も務めており、これにより重要な2つのビジネスを掌握する体制となる。

この人事はドイツ証社長デイビッド・ハット社長が、このほどブルームバー グ・ニュースとのインタビューで語った。シュレンゼル氏が就任したグローバ ル・バンキング統括本部はM&A(企業の合併・買収)の助言業務などを手掛け ている。

一方でドイツ証は、債券、株式、転換社債などの引き受けや企業買収ファイ ナンスなどを強化するため、これらの業務を集約する形で昨年4月にグローバ ル・キャピタル・マーケッツ本部を設置。シュレンゼル氏は野本祐司氏とともに 共同本部長に就任していた。