NY原油(20日):連日の最高値、101ドル台-インフレヘッジで需要

ニューヨーク原油先物相場は続伸し、1バ レル=101.32ドルの過去最高値をつけた。インフレヘッジとして商品投資が 活発になったのが背景にある。

原油相場は前日、石油輸出国機構(OPEC)の減産観測とドル安を背景 に、4.7%急伸していた。ブルームバーグがまとめた調査によると、エネルギー 省が21日に発表する週間統計では、米国の原油在庫は230万バレルの増加が予 想されている。それまでの5週間では在庫は1820万バレル(6.4%)急増して いた。

キャメロン・ハノーバー(コネティカット州ニューカナーン)のピータ ー・ビューテル社長は、「ナイジェリアやベネズエラなど有力な産油国の動向 が気になる一方で、連邦公開市場委員会(FOMC)は利下げを継続、インフ レは全般に加速しているというのが現在の基本的な環境だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で取引される原油先物3月限は前 日比73セント(0.73%)高の1バレル=100.74ドル。この1年間では74%値 上がりした。