米GMAC:北米事務所の75%閉鎖と930人削減を計画-発表

米ゼネラル・モーターズ(GM)が出資す る米自動車・住宅ローン大手、GMACは20日、北米の自動車ローン事務所の 75%を年内に閉鎖し、930人を削減すると発表した。同社は昨年通期で23億ド ル(約2485億円)の赤字を計上しており、経費削減を目指す。

発表文によると、投資会社サーベラス・キャピタル・マネジメントの傘下 にあるGMACは、北米のディーラー向け事務所を5カ所に減らす。同社は事 業再編に伴い6500万-8500万ドルの経費を計上する見込みで、年間1億7500 万ドルの経費節減を予想している

GMAC広報担当者ジナ・プロイア氏はインタビューで、「これは合理化策 だ」と語り、「拠点を減らして事業を統廃合することで、事業を効率化できる可 能性がある」と説明した。

プロイア氏によると、米国で現在16カ所あるGMACの事務所は事業再編 でダラス、ピッツバーグ、アトランタ、シカゴの4カ所だけ存続する。カナダ の事務所は3カ所減らしてトロントだけとなる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE