米MBIAのブラウンCEO:週内に当局と合意も-経営再建計画

世界最大の金融保証会社(モノライン)、米 MBIAのジョゼフ・ブラウン新最高経営責任者(CEO、59)は、同社の「A AA」格付け維持に向け、再建計画で監督当局と週内に合意に達する可能性があ るとの認識を示している。同CEOは、退任したゲーリー・ダントン前CEOの 後任として19日、就任した。

監督当局が地方債を保証する同社に対し、サブプライム(信用力の低い個人 向け)住宅ローン関連の損失が地方自治体の債務格付けに悪影響を与えないよう 圧力を強める中、ブラウンCEOは、MBIAが保証事業の2分割、もしくは資 本増強を検討していることを表明した。

同業で世界2位の米アムバック・フィナンシャル・グループは19日、地方 債事業を守るために住宅ローン関連証券事業を「分離」して新規の保証契約を停 止することは計画していないことを明らかにしている。

ブラウンCEOは同日のインタビューで「われわれは今週、柔軟に対応する 用意がある」とした上で、「増資の必要があるなら、実行する」と言明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE