中国株(午前):CSI300指数、3日ぶり反落-上海浦東発展銀安い

20日午前の中国株式市場で、CSI300 指数は3営業日ぶりに反落。上海浦東発展銀行は値幅制限いっぱいに下げてい る。同行がさらに新株10億株を発行するとの観測から、既存株への需要が後退 した。

国泰基金管理で83億ドル相当の資金運用に携わる范迪釗氏(上海在勤)は 「見込まれる同行の増資規模からすると、(株価の下げは)やや大きい」と指 摘。「市場は地合いが弱いなかでの株式の供給増を歓迎していない」との見方 を示した。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCS I300指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、前日比51.88 ポイント(1%)安の4968.87。前日までの2営業日で4.3%上昇していた。

米シティグループが出資する上海浦東発展銀行(600000 CH)は5.10元 (10%)安の45.99元。中国最大の上場銀行、中国工商銀行(601398 CH) や、人民元とドルの両通貨建てクレジットカード発行で中国最大手の招商銀行 (600036 CH)など、他の銀行株も下げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE