欧州エアバス:「A350」の310機の受注を確保-エンダースCEO

世界最大の民間航空機メーカー、欧州エア バスのトム・エンダース最高経営責任者(CEO)は20日、長距離用ジェット 機「A350」について310機の受注を確保したことを明らかにした。

同CEOはシンガポール航空ショーでの記者会見で、向こう6年間にわた り、同社製航空機のすべての生産割り当てはいっぱいだと付け加えた。また、 2010年までに月間生産量を54機に引き上げる計画だと述べた。

米ボーイングの「787ドリームライナー」や「777」に対抗するエアバスの 「A350」は、13年に就航を予定している。240社を超える航空会社を代表す る国際航空運送協会(IATA)によれば、航空機427機の引き渡しにより、 今年のアジアの輸送能力は8.8%拡大し、09年にはさらに450機が納入される 見込みだという。

ジョン・リーヒー最高業務責任者(COO)はこの日の会見で、エアバス の今年の受注総数が約700機に減少するとの見通しをあらためて示した。