米GMAC:北米事務所の75%を閉鎖へ-昨年の23億ドル赤字受け

米ゼネラル・モーターズ(GM)が出資す る米自動車・住宅ローン大手、GMACは米国とカナダにある自動車ローン部 門の事務所のうち約75%を閉鎖する計画だ。同社は昨年通期で23億ドル(約 2480億円)の赤字を計上している。

北米事業のエグゼクティブ・バイスプレジデント、バーバラ・ストーケル 氏は、20日にディーラーへの送付が予定されている書簡のなかで、自動車ロー ン部門の米国事務所を4カ所に減らし、カナダの事務所4カ所のうち3カ所を 削減することを明らかにした。昨年5月17日付の発表資料によれば、米国内の 自動車ローン事務所は16カ所だった。

ストーケル氏は同書簡で、「昨年のマクロ経済状況とそれが2008年に入っ ても続くと予想されることを考慮すれば、競争力の回復に向け、構造的なコス ト削減を実施する必要がある」との考えを示した。同社の広報担当者、ジーナ・ プロイア氏はコメントを控えた。

米国内で存続するのは、ダラス、ピッツバーグ、アトランタ、シカゴの各 事務所。カナダではトロントが唯一の拠点となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE