中国株(終了):CSI300指数、続伸-雲南銅業など資源株に買い

中国株式相場は続伸し、CSI300指数が約3 週間ぶりの高値を付けた。金属相場上昇を受け、雲南銅業が2週間ぶりの大幅高と なり、資源銘柄の上げをけん引した。

宝山鋼鉄を中心に鉄鋼株も高い。鉄鉱石のコスト上昇分を顧客に転嫁するとの 観測が背景となっている。

大衆保険で4100万ドル相当の資産運用に携わる呉侃氏(上海在勤)は「商品 相場の上昇が金属株を買う材料を提供している」と指摘。さらに「製鉄会社はコス ト増を穴埋めでき、増益を実現するとの楽観的な見方がある」と説明した。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は、前日比109.76ポイント(2.2%)高の5020.75と、終値として先月25 日以来の高値となった。

中国の銅産3位、雲南銅業(000878 CH)は3.90元(8.5%)高の49.83元と、 4日以来の大幅上昇。国内製鉄最大手の宝山鋼鉄(600019 CH)は0.61元 (3.5%)高の18.10元。