欧州株:続伸、買収観測でCNPに買い-銅相場上昇で資源株が高い

欧州株式相場は続伸。買収観測を背景に保険 株が上昇したほか、銅相場が4カ月ぶりの高値を付けたことを受けて資源関連銘 柄が買われた。

フランスの生保大手CNPアシュアランスはほぼ3カ月ぶりの大幅高。仏紙 レゼコーが、一部の主要株主がCNP株を売却する可能性があると報じたことが 手掛かりとなった。鉱山大手のBHPビリトンとリオ・ティントを中心に資源株 が続伸した。

ダウ欧州株価指数は前日比0.2%高の324.16で終了。一時は1.3%安となる 場面もあった。金融市場の混乱で米国がリセッション(景気後退)入りし、企業 収益が悪化するとの懸念を背景に、年初来の下落率は11%となっている。

ショレデュポン・ゲション(パリ)のファンドマネジャー、キリアン・ド・ カタンギイ氏は「下げ局面の大方はすでに通過した」と述べ、「企業買収に関す る明るいニュースが評価された。現在はチャンスという意味で、何らかの始まり だ」と指摘した。

ダウ欧州50種株価指数は0.1%上げ、ダウ・ユーロ50種株価指数は0.3% 高となった。

CNPアシュアランス

CNPアシュアランスは6.8%上昇。レゼコーによれば、CNP株主が株式 売却を決断すれば、アクサやBNPパリバ、アリアンツなどの企業がCNPの一 部またはすべての株式買収に関心を寄せているという。

仏再保険会社のスコールは4.5%上げ、英保険大手のオールド・ミューチュ アルは2.5%高、ドイツの同業、アリアンツは1.4%上昇した。

オーストラリアのBHPビリトンは2.4%高。英豪系リオ・ティントは

2.2%上げた。ニューヨーク市場の銅先物5月限は前営業日比12.35セント (3.5%)高の1ポンド=3.6625ドルに上昇した。

ニューヨーク市場の原油先物相場は1バレル=98ドルを突破し、6週間ぶ りの高値まで上昇した。イタリア最大の石油会社、ENIは1.9%上昇。仏製油 大手のトタルは1.2%上げた。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前日比20.30ポイント(0.3%)高の5966.90。FTオー ルシェア指数は同14.63ポイント(0.5%)上げて3053.21。

ドイツのDAX指数は同34.74ポイント(0.5%)高の7002.29。HDAX 指数は19.21ポイント(0.5%)上昇し3582.71。

フランスのCAC40指数は同24.03ポイント(0.5%)上げ4885.83で終了 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE