国際帝石の松尾会長:探鉱開発投資は増大-環境対策やコスト増で(2)

国際石油開発帝石ホールディングスは今後3-5年 間、油・ガス田の探鉱開発に毎年2500億-3000億円程度を投資する。2007年3月期に は2176億円だった探鉱開発投資額は、今期3000億円程度まで膨らむ見通しだ。同社の 松尾邦彦会長がブルームバーグ・ニュースのインタビューで明らかにした。

15日に都内で行ったインタビューで松尾氏(72)は、今期の投資額の増大について 「開発にしても探鉱にしても、戦略展開上必要なこと」と述べたほか、今後の年間投資 額が「2000億円の上の方になると思っている」との見通しを示した。投資内容には変化 がなくても鋼材など資材価格上昇によるコスト増加に加え、今後の開発計画では環境対 策なども求められており、「投資額が増えることを念頭に置いて作業していかなければ ならない」と語った。

モルガン・スタンレー証券アナリスト、ラリータ・グプタ氏は3000億円程度の投資 であれば、同社の手持ちの資金で賄うことが可能だと指摘。しかし、投資額が5000億円 を超えるようであれば、プロジェクト・ファイナンスやエクイティー・ファイナンスと いった手段に頼らざるを得なくなるとの見解を示した。

松尾氏は資源の開発投資は、プロジェクトが立ち上がる時期、プロジェクトの進め 方に関する産油国、産ガス国政府との議論、資材のコスト、プラント建設を担うエンジ ニアリング会社の業務の繁忙の度合いなど、様々な要素に影響を受けると指摘する。

西豪州ガス田の開発が優先課題

同社が現在手掛ける開発計画のうち、その行方に最も注目が集まっているのが西豪 州のイクシス・ガス・コンデンセート田だ。提携先の欧州石油大手の仏トタルとともに、 天然ガスを液化天然ガス(LNG)として年間380万トン生産するラインを2つ立ち上 げる計画を進めている。イクシスは、同社が操業主体(オペレーター)となる唯一のL NG事業で、海外事業の柱として優先的に開発を進める方針。日本の輸入量の1割を超 えるLNGの生産が可能なため、重要な供給元として需要家の関心も高い。

これまでイクシスの開発費用は9700億円程度と見積もられていたが、松尾氏は「1 兆円程度になるイメージを持ちながら準備を進めていくことが必要だ」と述べ、増額の 可能性を示唆した。

また、天然ガスを液化する設備の生産能力についても当初計画の水準を上回りそう だ。松尾氏は生産量について今後の検討課題としながら、「評価を進めていくと、もう 少し生産できるのではないだろうか」と語り、「最終的な開発投資の決定をするまでに 能力を少し増やそうという気持ちはある」との考えを示した。

生産開始が遅れる可能性も

一方、2012年遅くか13年初めとの予定だったイクシスの生産開始時期は見直しを迫 られている。松尾氏は「12年に立ち上げたいと思っているが、実際問題として地元との 調整などによって少し遅れることも念頭に置かないといけない」と打ち明ける。しかし、 「相手のある話」であることから、開始時期の見通しについては明言を避けた。

国際石油開発帝石はイクシスで生産された天然ガスを西豪州沖のマレット島に建設 するプラントに送り、LNGとして出荷することを計画している。しかし、同社在パー スの広報担当ショーン・キルデア氏は1月10日、この計画について豪州政府から取得す る環境影響調査報告書の承認が当初予定から遅れ、08年末から09年初めにずれ込む見通 しを示した。

プラント立地について、松尾氏は「マレット島にできるのが一番いいと思うが、マ レット島に固執して開発できなくなった場合に、他の選択肢は考えていませんでしたと いうのでは企業として十分な責任を果たしているとは言えない」と強調。建設候補地に 他の選択肢も準備していることを明らかにした。

プラント建設を含む大規模な事業では「FEED(フィード)」と呼ばれる基本設 計の作成を経て開発が進められる。松尾氏は、現在はさまざまな前提条件の下で本格的 なフィードを始める前の「前段階」とも呼べる作業を進めており、フィードの作業がす べて終わるまでには1年以上かかりそうだとの見解を示した。

松尾氏は1958年に通商産業省(現・経済産業省)入省。88年に中小企業庁長 官に就 任。その後、89年に石油公団理事に就任。05年6月より現職。

国際石油開発帝石HDの株価終値は前日比1万円(0.9%)高の111万円。

--共同取材:佐藤茂 Editor:Hideki Asai, Yoshito Okubo

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 岡田雄至 Yuji Okada +81-3-3201-2493 yokada6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net シンガポール Reinie Booysen +65-6212-1154 rbooysen@bloomberg.net

企業ニュース:JBN18 企業ニュース NI KAISHA 商品・エネルギー NI SHOHIN 業界別ニュース:JBN17 エネルギー : NI NRG 石油 : NI OIL ガス   : NI GAS 商品 : NI CMD

: NI JCMD 企業 : NI KIGYO

: NI COS

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE