英ノーザン・ロックの国有化、数年に及ぶ可能性も-サンドラー新会長

英国内で約1世紀ぶりとなる預金取り付け 騒ぎに見舞われた英中堅銀行ノーザン・ロックは、国有化が数年間に及ぶ可能 性がある。英財務省が同行の会長に任命したロン・サンドラー氏が18日明らか にした。

サンドラー氏は記者会見で、「われわれははっきりと、数年の期間について 協議している」と説明した。

ブラウン首相はノーザン・ロックを「一時的に」国有化する考えを示した。 国有化によって英政府は1130億ポンド(約23兆8000億円)の資産と従業員6500 人の責任を持つことになり、円滑な経済運営に関するブラウン首相の定評に傷 が付く可能性がある。野党保守党はノーザン・ロック案件について、議会で反 対票を投じる方針を示している。

1990年代後半にロイズ・オブ・ロンドンの経営を立て直した実績のあるサ ンドラー氏は、政府を代行してノーザン・ロックの会長を務める。同氏は「ノ ーザン・ロックはこれまでほど多くの住宅ローンを引き受けない方針だ」と説 明した。人員削減については発言を控えた。

ブラウン首相は、「われわれは一時的な期間が過ぎた後に、ノーザン・ロッ クを民間の経営に戻す考えだ」と指摘した上で、「それは市場がどう持ち直すか 次第だろう」と述べた。