カナダ中銀のカーニー総裁:来月の利下げ実施を示唆-景気刺激で

カナダ銀行のカーニー総裁は18日、就任後 初の政策決定会合となる来月、利下げを実施する意向を示した。この約10年で 最悪の輸出低迷に対処する。

同総裁は1日に就任して以来、初めて行われたバンクーバーでの講演のテ キストで、「需給バランスを保つためには、短期的に一段の金融刺激策が必要と 見込まれる」と指摘。「刺激策を実施する時期とその程度は今後の定められた日 に決定されるだろう」とし、9日に日本で開かれた7カ国財務相・中央銀行総 裁会議(G7)でのコメントを繰り返した。

金利先物相場は、同総裁が3月4日に政策金利である翌日物貸出金利の目 標水準を0.5ポイント引き下げる可能性を示唆している。0.5ポイントの引き 下げは2001年以来となる。先週発表された昨年12月のカナダの貿易統計によ れば、通貨高と米国の低調な需要が輸出に響き、同国の貿易黒字は9年ぶりの 低水準となり、自動車輸出は25%減少し、1996年以来で最低となった。