欧州債:下落、2年債利回り3.21%-過剰な利下げ期待に警戒強まる

欧州国債相場は下落。株式相場の上昇に加 え、ドイツ2年債利回りが月初来でほぼ20ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)低下したのはインフレ見通しを考慮すると行き過ぎだとの見方が広が った。

先週は欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁が利下げを急がない考えを 示唆したのに加え、ECB政策委メンバーがインフレリスクを強調したことを 受け、国債相場は下落。18日は欧州の株式相場が先週の流れを引き継いで上昇 したため、国債需要の減退が続いた。

ABNアムロ・ホールディングの債券ストラテジスト、ジェイソン・シン プソン氏(ロンドン在勤)は、「利下げ観測を背景に、欧州国債の利回りはか なり大幅に低下したが、ECBは利下げに積極的な姿勢を示唆していない」と 指摘。「2年債は割高のようだ」と語った。

2年債利回りはロンドン時間午後4時53分までに、前週末比10bp上昇 し3.21%となった。同国債(2009年12月償還、表面利回り4%)価格は0.18 ポイント下げて101.35。10年債利回りは同7bp上げ4.02%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE