インド株(終了):センセックス指数反落-3日続伸後で買われ過ぎ感

インド株式市場では、センセックス30種株 価指数が4営業日ぶりに下落。前週末までの3日間で9.1%上昇したことで、買 われ過ぎ感が強まった。割安感への期待から、小型・中型株への買いが膨らんだ。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前週末比67.20ポイント (0.4%)安の18048.05で終了。朝方の0.8%高から下げに転じ、一時は1.2% 安となった。ナショナル証券取引所上場の50銘柄で構成するCNXニフティー 指数は26ポイント(0.5%)下げ5276.90。

時価総額でインド最大の企業、リライアンス・インダストリーズは5営業日 ぶりに下落し、38.55ルピー(1.5%)下げ2552ルピー。石油天然ガス公社 (ONGC、ONGC IN)は12.5ルピー(1.2%)安の1020.80ルピー。前週末ま での3日間の上昇率は10%強だった。