中国:1月の対中直接投資、前年同月比2倍超の112億ドル(2)

中国商務省が18日発表した1月の海外から の対中直接投資は、前年同月の2倍以上に拡大した。

同省がウェブサイトで明らかにしたところによれば、1月の対中直接投資 額は前年同月比110%増の112億ドル(約1兆2100億円)。2007年通年では、 前年比13.6%増の748億ドルとなった。

JPモルガン・チェースのエコノミスト(香港在勤)、王黔氏は、「流動性 のコントロールを強化するよう中国人民銀行に対する圧力が高まっている。人 民銀は資金吸収のため短期国債の売却を増やし、預金準備率を引き上げる可能 性がある」と述べた。