中国株(午前):CSI300指数、2週間ぶり大幅高-上海浦東発展銀高い

18日午前の中国株式市場で、CSI300指 数は2週間ぶりの大幅上昇。証券当局が新規株式ファンド2本を許可したとの 報道を受け、株式需要拡大の観測が広がった。

上海浦東発展銀行はこの2週間で最大の上昇となった。資金運用部門が新 規ファンド2本のうち1本の販売を許可されたことが好感された。

ICBCクレディ・スイス・アセット・マネジメントで11億ドル相当の資 産運用に携わるチャン・リン氏(北京在勤)は、「新規ファンド売却の凍結解除 が押し上げ要因だ」と指摘。「株式相場に一段の流動性が流入するとの観測があ る」と述べた。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCS I300指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、前週末比99.78 ポイント(2.1%)高の4913.09と、4日以来の大幅高となっている。

米シティグループが出資する上海浦東発展銀行(600000 CH)は1.63元 (3.3%)高の50.45元。人民元とドルの両通貨建てクレジットカード発行で 中国最大手の招商銀行(600036 CH)は1.39元(4.2%)高の34.91元。