米シティ:日本で「数百人」新規採用へ-富裕層向け金融商品販売強化

米銀最大手シティグループは日本の富裕層 向け金融商品販売強化に向け、「数百人」を年内に採用する方針だ。シティバ ンク銀行の代表取締役副社長で個人金融部門を担当するファビオ・フォンタイ ニャ氏が、ブルームバーグテレビジョンとの13日のインタビューで明らかにし た。

フォンタイニャ氏は、シティが日本での支店数を現在の31から50に拡大 する計画で、1000万円以上の預金を持つ個人向けに同社のプログラム、シティ ゴールドを通じて金融商品の販売を増やしたい意向を示した。同氏は具体的な 数字を明らかにせず、「過去6-7カ月にわたって、シティゴールドの販売人 員を60%増やした」とした上で、「採用への投資を続けるが、その規模は数百 人を予定している」と述べた。

約1500兆円の金融資産を持つ日本の家計をターゲットに、シティは英HS BCホールディングスやスイスのUBSと競うことになる。シティは米国での サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン関連投資で181億ドル(約 1兆9500億円)の評価損を計上し、少なくとも4200人を全世界で削減するこ とを先月発表している。