鉄鉱石65%値上げで合意、新日鉄・JFEなどとブラジル社と(3)

新日本製鉄とJFEスチール、韓国ポス コなど日韓の鉄鋼大手は、ブラジルの資源大手ヴァリ(旧称リオドセ)と鉄鉱 石の2008年度価格を前年度比65%引き上げることで合意した。大幅な値上げ が決定したことで、新日鉄など鉄鋼各社は鋼板価格への価格転嫁を更に進める 公算が大きく、産業界に幅広く影響が出そうだ。

鉄鉱石価格は、05年度に前年度比2倍と急騰した後、06年度は同19%、 07年度は同9.5%と、毎年値上げ決着してきた。世界的な鉄鋼需要の拡大を背 景に08年度交渉は昨秋から鉱山側が大幅な値上げ幅を提示していた。日韓大 手とヴァリの価格交渉が決まったことにより、今後は豪BHPビリオンやリ オ・ティントとの価格交渉も同水準で決着する公算が大きい。

鉱山側の大幅な値上げ要求を踏まえ、新日鉄は2月に入り鉄鋼製品の値上 げ要請を本格化。鉄鋼製品の値上げ観測から、東京製鉄など電炉メーカーも製 品値上げを相次ぎ表明し、鉄スクラップ市況も最高値を更新しつつある。しか し、欧米経済の減速懸念が深まるなかで、鉄鋼製品の値上げがどこまで浸透す るかは不透明で、鉄鋼各社は難しい経営のかじ取りを迫られそうだ。

三井物産金属原料の乗田佐喜夫取締役は、「高炉メーカーははっきり認め ないだろうが、鉱山側のこれまでの要求と比べると、まあまあな結果に落ち着 いたと言える」と指摘した。

新日鉄の株価午前終値は前週末比27円(4.9%)高の584円、一時は28 円高の585円まであった。JFEHの午前終値は同250円(6%)高の4400 円。この日の東証業種別33指数の騰落状況を見ると、鉄鋼指数は4%以上上 げて上昇率で1位。

市場関係者の間では、「ようやく鉄鋼価格への転嫁の道筋が付いた」(東 洋証券情報部・大塚竜太部長)との声が聞かれている。

--共同取材:河野 敏 Editor:Naoya Abe、Shintaro Inkyo

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 竹本 能文 Yoshifumi Takemoto +81-3-3201-8374 ytakemoto@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net James Poole +65-6212-1551 jpoole4@bloomberg.net

yoshifumi takemoto sakio norita satoshi kawano ryuta otsuka 種類別ニュース: 日本経済 NI JEALL、NI ECO 企業のニュース: NI KIGYO、NI COS JBN6 NI ACOMMODS NI PCSMARKET NI STL

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE