豪ニューカッスル発電用石炭:4週連続で最高値を更新-豪州の洪水で

アジアの指標となるオーストラリアのニ ューカッスル港の発電用石炭価格が先週、4週連続で過去最高値を更新した。 中国と南アフリカ共和国からの供給に支障が生じていることに加え、豪クイー ンズランド州で発生した洪水の影響で同州からの出荷が減少したことが価格を 押し上げた。

グローバルコールNEWCインデックスによると、豪ニューサウスウェー ルズ州にあるニューカッスル港の発電用石炭価格は、15日終了週に前週比

13.68ドル(11%)上昇し、1トン当たり139.16ドルとなった。2007年は 73%高騰した。石炭価格は15日、欧州北西部でも最高値に達した。

世界最大の発電用石炭輸出企業、スイスのエクストラータは先週、顧客企 業に対し、発電用石炭を産出するニューランズ炭鉱を含むクイーンズランド州 の炭鉱2カ所からの出荷が遅れると通知した。また、50年ぶりの大雪に見舞わ れ、石炭出荷に支障が生じた中国は、石炭輸出を4月まで停止する見通しで、 南アでは電力不足で鉱山生産が減少している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE