米FGIC、事業の2分割を申請-格下げ受けて、地方債保護へ

ニューヨーク州保険局によると、米金融 保証会社(モノライン)のFGICは事業を2分割するため、新たな事業免許 の取得を申請した。同局のノイシュタット報道官が15日、電話インタビュー で明らかにした。

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが前日、FGICの モノライン部門の格付けを最高の「Aaa」から引き下げたため、サブプライ ム(信用力の低い個人向け)住宅ローン関連証券など仕組み債の保証部門と切 り離すことにより、同社は地方債を保護する。

ニューヨーク州政府のエリック・ディナロ保険局長は15日、経済専門局 CNBCに対し、地方債が「AAA」格付けの保証を維持するためには「分割 を実行する必要がある」と指摘した。

ディナロ局長と同州のスピッツァー知事は14日に連邦議会で証言し、サ ブプライム住宅ローン関連証券の損失を補うのに十分な資本を増強できなけれ ば、モノラインは分割される必要があるとの認識を示していた。

FGICはブラックストーン・グループとPMIグループが経営権を握っ ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE