ストロスカーンIMF専務理事:今年の中国成長率を依然10%と予想

国際通貨基金(IMF)のストロスカーン 専務理事は15日、北京での記者会見で、IMFが依然として、今年の中国経済 成長率を10%と見込んでいると述べた。

世界4位の経済大国である中国の07年の成長率は前年比11.4%と、13年ぶ りの高成長となった。中国人民銀行は、インフレ抑制に努めている。

ストロスカーン専務理事はまた、人民元の上昇ペース加速を求めるとともに、 中国がなお金融引き締め策を必要としているとの認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE