ゴールドマンとモルガンS、メリルの利益見通し下方修正-リーマン

米証券大手のリーマン・ブラザー ズ・ホールディングスは14日、同業のゴールドマン・サックス・グルー プとモルガン・スタンレー、メリルリンチの評価損が拡大するとの見通 しを理由に、3社の第1四半期利益見通しを引き下げた。

リーマンのアナリスト、ロジャー・フリーマン氏は投資家向けリポ ートで「再び証券大手の評価損に注目している」と指摘した。

同氏はゴールドマンの2007年12月-08年2月(第1四半期)の1 株当たり利益見通しを2.10ドルと、前回予想の4.32ドルの半分以下に 下方修正した。またゴールドマンの株価見通しについては5ドル下方修 正し229ドルとした。

メリルリンチの08年1-3月(第1四半期)1株当たり利益見通し は19セントと、従来見通しの91セントから大幅に引き下げた。モルガ ン・スタンレーの07年12月-08年2月(第1四半期)1株当たり利益 見通しは97セント。従来予想は1.55ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE