津田財務次官:相当な成長だったという印象がある-GDPで

津田廣喜財務事務次官は14日夕の定例記者 会見で、同日発表された昨年10-12月期の実質GDP(国内総生産)が前期比 年率換算で3.7%増と2四半期連続のプラス成長を維持したことを受け、「相当 な成長だったという率直な印象がある」との認識を示した。

そのうえで、「回復基調が続いているが、一部に弱さが見られるとした政府 の月例経済報告と軌を一にしている」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE