独コメルツ銀:10-12月期は44%減益-サブプライム資産の評価損で

ドイツ2位の銀行、コメルツ銀行が14日 発表した2007年10-12月(第4四半期)決算は、米サブプライム(信用力が 低い個人向け)住宅ローン資産関連の評価損の影響で、前年同期比44%の減益 になった。

発表資料によれば、純利益は2億100万ユーロと、前年同期の3億5900 万ユーロから減少。ただブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト11 人の予想中央値(1億7700万ユーロ)を上回った。

コメルツ銀は米サブプライム関連投資の評価損として、2億4800万ユー ロ(約391億円)を計上した。07年通期の評価損は5億8500万ユーロ。