米モルガンS:円売り・豪ドル買いを推奨-円ロングは4年ぶり高水準

世界2位の証券会社、米モルガン・スタン レーは14日、投資家に対し、円の買いポジションを解消し、オーストラリア・ ドルを買うよう勧めた。先高観から円を買う投機的投資家が多過ぎるためだと している。

米商品先物取引委員会(CFTC)が先週発表した通貨先物の建て玉報告 によると、対ドルでの円ロング(買い持ち)は2004年2月以来の高水準となっ ている。

モルガンのアナリスト、ソフィア・ドロッソス氏(ニューヨーク在勤)ら はリポートで、「円ロングのポジションが蓄積されており、ポジションの巻き 戻しに向かう可能性があることから、われわれは円買いに対し慎重になってい る」と指摘した。

円は対ドルで今年に入り3.4%上昇しており、先月は2005年5月以来の 高値を付けた。ブルームバーグ・ニュースがまとめたデータによれば、この日 は日本時間午前10時50分現在、前日比0.2%高の1ドル=108円10銭。

豪ドルは1月の豪雇用統計を好感し、前日比0.6%高の1豪ドル=0.9017 米ドル。モルガンは豪ドルが0.94米ドル台に上昇すると予想した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE