IKBドイツ産業銀に新たな政府主導の救済策-第3弾、15億ユーロ

サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅 ローン投資に関連する損失で政府系のドイツ復興金融公庫(KfW)グループか ら救済を受けたIKBドイツ産業銀行が、ドイツ政府主導による15億ユーロ (約2360億円)相当の新たな救済措置を受けることが13日、明らかになった。 IKBに対する救済策の第3弾となる。

政府当局者が明らかにしたところによれば、ドイツ政府は10億ユーロを提 供する予定。残りの5億ユーロはドイツの銀行に支援を求める計画だが、調達方 法に関する話し合いはまだ継続中だという。

グロス経済技術相はベルリンで記者団に対し、「われわれはIKBが事業を 続けられるために最善を尽くすことで合意した」と説明。「また、IKBの事業 継続を可能とする前提条件を整えるため、銀行に支援を訴えることでも合意し た」と語った。