インド株(終了):センセックス指数、大幅上昇-日米の経済統計好感

インド株式市場ではセンセックス30種株価 指数がほぼ3週間ぶりの大幅高となった。日本の2007年10-12月の国内総生産 (GDP)が堅調だったのに加え、前日発表された米小売売上高が予想外に増加 したことを受けて、両国経済のリセッション(景気後退)懸念が和らいだことが 背景。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前日比817.49ポイント (4.8%)高の17766.63と、先月25日以降で最大の値上がり。ナショナル証券 取引所上場の50銘柄で構成するCNXニフティー指数は272.55ポイント (5.5%)上げ5202。

インド最大の火力発電設備メーカーのバーラト・ヘビー・エレクトリカルズ (BHEL IN)は250.25ルピー(12.6%)上げ2232ルピーと、2006年6月15日 以降で最大の上昇率となった。国内最大の不動産開発会社、DLF(DLFU IN) は49.85ルピー(6.1%)上げ864.85ルピー。