債券相場は下落スタート、米債安・株高やGDP統計上振れで売り先行

債券相場は下落(利回りは上昇)。東京先 物市場の中心限月3月物は、前日比39銭安の137円55銭で取引を開始した。前 日の米国市場で、株価が続伸し、長期債が下落した地合いを踏襲。朝方発表され た前年10-12月期の実質国内総生産(GDP)が前期比0.9%増、年率3.7%増 となり、市場予想を大きく上回ったことを受けて、日経平均が続伸していること も圧迫要因となり、売り先行となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE