スイスのABB:キンドルCEOが退任へ-経営上の「見解の相違」

電力網敷設で世界最大手、スイスのABB は13日、フレッド・キンドル最高経営責任者(CEO)が経営方針に関する 「相いれない見解の相違」を理由に退任すると発表した。

ABBが電子メールで配布した資料によれば、ミシェル・デマレ最高財務 責任者(CFO)が、暫定CEOに就き、同社は新しいCEOを探すという。 同日発表した2007年10-12月(第4四半期)決算は、資産売却などで純利 益が18億ドルとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE