マレーシア:アブドラ首相が議会解散-60日以内に総選挙実施へ(2)

マレーシアのアブドラ首相(68)は13日、 議会を解散した。同首相の5年の任期は2009年5月までだが、その前に総選挙 が実施されることになる。

アブドラ首相は、クアラルンプール郊外のプトラジャヤで記者団に対し、マ レーシアの選挙管理委員会が投票日を設定すると述べた。総選挙は解散から60 日以内に実施する規定。

与党の統一マレー国民組織(UMNO)を中心に結成された国民戦線(N F)を04年の総選挙で勝利に導いた同首相にとって、今回の総選挙は賭けとな る。マレーシアで少数派のインド人が差別に抗議するためデモ行進し、汚職を取 り締まるとの公約を果たさなかったとの批判も出ている。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスとIDEAグローバルの政治アナ リスト、アンドルー・イーリア氏は「アブドラ首相は、早急に政治面での主導権 を取り戻し、総選挙で大きな勝利を収めない限り、UMNOでのリーダーシップ において深刻な問題に直面するだろう」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE