仏プジョー:07年通期の純利益4倍-新型車の販売好調と経費削減で

欧州2位の乗用車メーカー、フランスのプ ジョーシトロエングループ(PSA)が13日発表した2007年通期決算は、純 利益が前年の4倍以上に拡大した。コスト削減が奏功したほか、西欧市場での 新型車の好調で売上高減少に歯止めがかかった。

発表資料によれば、07年の純利益は8億8500万ユーロと、前年の1億 8300万ユーロから増加した。売上高は前年比7.1%増の606億ユーロ。

クリスチャン・ストレイフ最高経営責任者(CEO)の経営再建策により、 昨年は9億3200万ユーロ(約1453億円)の経費を削減。同社によれば、「08 年にはさらに大きな効果を得られる」見通しだ。同社が掲げる今年の営業利益 率の目標は3.5%。07年の実績は2.9%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE