上海銅先物:春節の連休後、上昇-世界の在庫が3カ月余ぶりの低水準

上海先物取引所の銅先物相場は、春節(旧 正月)の連休明けの13日、上昇している。世界の在庫が3カ月余ぶりの低水準 となったことが要因。

上海先物取引所の銅先物相場4月限は、5日終値と比較して最大2070元 (3.3%)高の1トン当たり6万4590元。上海時間午前9時14分現在、6万4280 元で取引されている。