東京外為:円もみ合い、米モノライン支援期待も景気見通しに慎重

午前の東京外国為替市場ではドル・円相場 が1ドル=107円台前半でもみ合い。米金融保証会社(モノライン)の一部支援 案を受けて株価が上昇したことから、リスク回避姿勢が緩和するとの期待感を 背景に高金利通貨買い・円売りに圧力がかかりやすくなっている。半面、この 日に発表される米小売売上高を見極めたいとの意向や、ドルの上値では実需関 連の売り需要も観測されることから、ドル高・円安の進行は限定されている。

メリルリンチ日本証券外国為替部の今泉光雄ディレクターは、米国の悪材 料に対する反応が鈍くなってきているなかで、モノライン支援に絡むニュース が相場を動かす格好になったとして、目先は海外市場の流れを引き継いで円が 軟調に推移すると予想。ただ、「米小売売上高の内容を受けて、米国のリセッ ション(景気後退)懸念を背景とした株安・円高シナリオに変化が生じる可能 性もある」との警戒感から、東京時間日中は積極的な取引が見送られるとみて いる。

また、ドル・円相場は1月中旬以降、108円台に接近する局面でドルの上値 が抑えられており、同水準近辺では「国内輸出企業のドル売り注文がかなり並 んでいるという観測が強い」(今泉氏)。このため、107円台で積極的にドル買 い・円売りを進める動きが出にくい面もある。

米モノライン支援期待で株高

米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏は12日、金融専門局CNBC とのインタビューで、自身が会長を務めるバークシャー・ハサウェイが、モノ ラインのMBIAとアムバック・ファイナンシャル・グループ、FGICが保 証する地方債8000億ドル(約85兆8200億円)相当の再保証を行う申し出をし たことを明らかにした。

これを受けて、同日の米国株式相場は上昇。株価の予想変動率の指標であ るシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数(VIX指数) が低下し、投資家がリスク投資を回避する姿勢が和らいだことが示された。

また、バンク・オブ・アメリカ(BOA)やシティグループなど米大手金 融機関6社は12日、住宅差し押さえの回避を目指した新たな支援策を打ち出し ている。ポールソン米財務長官と金融各社がとりまとめた支援策では、一部の 住宅差し押さえ物件を対象に、融資条件の変更が検討される間、30日間にわた り差し押さえが停止される。

外為市場では、リスク選好的な高金利通貨買い・円売りの動きが後押しさ れ、全般的な円売り圧力を背景にドル・円相場は107円53銭(ブルームバーグ・ データ参照、以下同じ)まで円が下落。この日の東京市場でも、日本株の堅調 推移を背景に107円台前半で引き続き円が弱含みに推移している。

ソシエテ・ジェネラル銀行外国為替営業部の斎藤裕司部長は、米株がプラ スとなったことから、リスクが取りやすくなるとの思惑につながったと指摘。 きょうから上海市場が取引を再開するが、「休み前に売り過ぎていた分の買い 戻しが株やクロス・円(米ドル以外の通貨と円の取引)に入るとの期待感があ る」といい、目先は円売りが先行しやすい可能性があるとみている。

ただ、バフェット氏のモノライン支援策がサブプライム(信用力の低い個 人向け)住宅ローン関連証券を含まないことから金融不安が払しょくしきれな いうえ、この日は米国で1月の小売売上高の発表を控えて、サブプライム問題 の個人消費への影響を見極めたいとの意向も強いとみられ、一段の円売りは抑 制されている。

欧州通貨の見直し買い意欲も

一方で、英政府統計局(ONS)が12日発表した1月の英消費者物価指数 (HICP)は前年同月比2.2%上昇と、インフレ率が7カ月ぶりの高水準とな った。また、ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)が発表した2月のドイ ツ景況感指数(期待指数)もマイナス39.5と、15年ぶりの低水準に落ち込んだ 前月のマイナス41.6から改善。ブルームバーグ・ニュースがまとめた市場予想 のマイナス45.0も上回った。

イングランド銀行(BOE)は先週の金融政策決定会合で利下げを実施。 欧州中央銀行(ECB)は政策金利を据え置いたものの、景気の先行き不透明 感から、利下げ観測が浮上していた。

英国のインフレ加速やユーロ圏の景況感改善で、前日の海外市場では英ポ ンドとユーロが値を戻す展開となり、この日の東京市場では欧州通貨に対して ドルと円の売りが交錯する面が残りそうだ。

ユーロ・円相場は前日の海外市場で1ユーロ=157円02銭と、5日以来、 1週間ぶりの水準までユーロ高・円安が進行。この日は156円台前半で推移し ている。

一方、ユーロ・ドル相場は前日に1ユーロ=1.4615ドルと7日以来のユー ロ高値を付け、この日は1.45ドル台後半での取引となっている。

--共同取材:吉川淳子 Editor:Tetsuzo Ushiroyama,Hidenori Yamanaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 三浦和美 Kazumi Miura

+81-3-3201-8583 kmiura1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Sandy Hendry

+852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

円に関するニュース JPY <Crncy> CN ユーロに関するニュース EUR <Crncy> CN ドルに関するニュース USD <Crncy> CN