債券相場は反落、バフェット氏提案受けた米債安・株高で-入札見極め

債券相場は反落(利回りは上昇)。米著名 投資家ウォーレン・バフェット氏が金融保証会社(モノライン)が保証する地方 債の再保証を提案したことなどを受けて、前日の米国債相場が反落した地合いを 引き継ぎ、売り先行で始まった。日経平均株価が上昇して始まったことや、きょ うの5年債入札に向けた調整売りも重しとなっている。

トヨタアセットマネジメントのシニアストラテジストの浜崎優氏は、「昨日 の米債相場の軟調を受けて、若干安く始まるだろう。その後は、今晩に米国の小 売売上高、あす日本の10-12月期の国内総生産(GDP)速報値の発表を控え ているので、全般的に小動きで推移する」と述べた。

東京先物市場で中心限月3月物は、前日比24銭安の137円89銭で寄り付い た。その後は137円90銭付近で推移。午前9時4分現在、137円93銭で推移し ている。

現物債市場で新発10年物の289回2月債利回りは、午前9時8分現在、業 者間で取引が成立していない。

日経平均株価は上昇。前日比140円99銭高の1万3162円95銭で寄り付い た。

5年債入札、クーポンは0.9%の公算

財務省は、きょう5年利付国債(2月債)の入札を実施する。クーポン(表 面利率)は前回債から据え置きの0.9%となる可能性が高いとみられている。発 行予定額は前回債と同じ2兆円程度。

前日の入札前取引では、2月発行の5年債の複利利回りは0.87%付近で取 引された。

リーマン・ブラザーズ証券チーフJGBストラテジストの山下周氏によると、 「絶対水準には魅力がないが、先物までの年限でみれば、相対的に安い。現時点 の確率は低いが、日銀が利下げした場合にアウトパフォームする年限だろう。無 難な結果になると予想する」という。

米国市場はバフェット氏提案受け株高・債券安

12日の米国債市場で10年債は反落。バフェット氏がモノラインの保証する 地方債8000億ドル(約85兆8200億円)相当の再保証を申し出たことが明らか になり、安全資産としての米国債に売りが出た。

米連邦公開市場委員会(FOMC)が3月18日の定例会合で0.75ポイント の利下げを実施するとの見方が後退したことも売りを誘った。

キャンター・フィッツジェラルドによると、10年債利回りは前日比4bp上 昇して3.65%付近。2年債利回りはほぼ変わらずの1.91%付近。

一方、米株式相場は続伸。金融株の主導で上げた。S&P500種株価指数は 前日比9.73ポイント上げ1348.86。ダウ工業株30種平均は同133.40ドル高の

12373.41ドルとなった。一時は同229ドル上昇する場面もあった。

(債券価格)                           前日比       利回り
長期国債先物3月物         137.93      -0.20        1.603%
売買高(億円)             3269

--共同取材:吉川淳子、宋泰允 Editor:Hidenori Yamanaka,Tetsuzo Ushiroyama

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Sandy Hendry +852-2977-6608 shendry@bloomberg.net