12月経常収支黒字は1年ぶりに前年同月下回る-米国向け輸出など低迷

2007年12月の日本の経常収支黒字額は1年 ぶりに前年同月を下回った。所得収支の黒字幅の拡大基調は続いているものの、 貿易収支は原油高騰が高止まりしていることと、米国向けをはじめとする輸出 が鈍化したことを背景に黒字額が縮小した。

財務省が13日発表した国際収支状況によると、12月の経常収支黒字額は前 年同月比4.7%減の1兆6972億円となった。うち、貿易収支の黒字額は同16.8% 減の1兆134億円、所得収支の黒字額は同19.6%増の1兆46億円だった。ブル ームバーグ・ニュースが事前に民間エコノミスト30人を対象に調べた経常収支 黒字額の予想中央値は1兆7138億円だった。

経常収支黒字額を構成する貿易収支と所得収支の2本柱のうち、貿易収支 は原油高に伴い輸入の増加が続いている一方で、輸出は米国経済の減速の余波 を受け、米国向けを中心に拡大ペースが足踏みしている。同省が今年1月に発 表した昨年12月の貿易統計速報(通関ベース)では、全体の貿易黒字額は2カ 月連続減少しており、このうち対米国は4カ月連続で減少した。

第一生命経済研究所の柵山順子副主任エコノミストは発表前のリポートで、 12月の経常黒字額は前年を下回ると予想したうえで、「輸出はアメリカ向けが引 き続き減少したことに加え、欧州向けやアジア向けも伸びが鈍化するなど主要 地域そろって拡大ペースが減速した」と指摘。原油価格高騰に伴う貿易黒字の 縮小に拍車を掛けたとの見方を示している。

モルガン・スタンレー証券の佐藤健裕チーフエコノミストも発表前、12月 の経常黒字は06年12月以来の前年比減少となる可能性を指摘。先行きについ ては「高水準で推移する所得収支の黒字が引き続き経常黒字水準を下支えする 構図が続く」とみていた。

07年通年では、経常黒字額は前年比26.0%増の25兆12億円だった。