香港株(終了):4日ぶり反発、減税への期待感で-エスプリが高い

香港株式相場は4営業日ぶりに反発。香港当局 が27日発表する予算に、所得税減税が盛り込まれる見通しだと香港経済日報が報 じたことから、減税への期待感が広がった。

エスプリ・ホールディングスなど小売株やサイノ・ランドなど不動産銘柄が高 い。原油高から中国最大の石油会社、ペトロチャイナ(中国石油)も上昇。ハンセ ン指数を3週間ぶり安値まで押し下げた最近の株安が行き過ぎとの見方も出て、中 国の携帯電話サービス最大手、チャイナ・モバイル(中国移動)も買われた。

エイペックス・キャピタル・マネジメントの運用担当者、タット・アウユン氏 は、「減税への期待感が相場を若干支えた。現在の原油相場のレンジを考慮すれば、 石油株は大丈夫だろう」と指摘した。

ハンセン指数は前日比305.56ポイント(1.4%)高の22921.67で終了。この 日の出来高は年初来で最も少なかった。前日までの3営業日で9.7%下落していた。 ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比1.6%高の12736.69。

エスプリ(330 HK)は4.05香港ドル(4.3%)高の97.55香港ドル。サイノ・ ランド(83 HK)は80セント(3.9%)高の21.40香港ドル。ペトロチャイナ(857 HK)は30セント(2.8%)上げ10.94香港ドル、チャイナ・モバイル(941 HK)は 2香港ドル(1.8%)高の114.70香港ドルとなった。