ロンドン銅先物:5日続伸-大雪による中国の減産で供給懸念高まる

ロンドン金属取引所(LME)の銅先物相 場は12日、5営業日続伸している。中国での減産で銅在庫が落ち込んでおり、 需要が供給を上回るとの観測が高まった。

ロンドン金属取引所(LME)の指定倉庫の銅在庫は11日、前週末比2625 トン(1.6%)減の16万4125トンと、昨年10月30日以来の低水準となった。 数十年ぶりの大雪の影響で江西銅業など中国の精錬業者の生産は減少している。 江西銅業は中国2位の銅生産会社。

LMEの銅先物相場(3カ月物)は、前日比最大54.75ドル(0.7%)高の 1トン当たり7819.75ドル。シンガポール時間午後1時12分現在、7771ドルで 取引されている。