エクストラータ、ヴァリによる760億ドルの非公式買収案を拒否-FT

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は 12日、発電所向け石炭輸出で世界最大手、スイスのエクストラータが鉄鉱石生 産で世界最大手、ブラジルのヴァリ(旧通称リオドセ)が示した760億ドル(約 8兆1200億円)規模の買収提案を拒否したと報じた。匿名の関係者の話を基に 伝えた。

同紙によれば、エクストラータと、同社の株式34.45%を保有する同国商 品取引会社グレンコア・インターナショナルは、1株当たり約40ポンド(約 8300円)相当の現金と株式による買収案を退け、提示額を1株当たり45ポン ドに近づけるよう求めている。

買収が実現すれば、ヴァリは世界最大の鉱山会社、オーストラリアのBH Pビリトンを上回るとともに、自社のニッケルと鉄鉱石の生産に加え、エクス トラータの銅と石炭、亜鉛を獲得することになる。資源価格の高騰を受け、B HPが英豪系リオ・ティントに1320億ドル規模の敵対的買収提案をするなど、 企業買収が活発化している。

11日のロンドン市場で、エクストラータの株価終値は前週末比1.8%安の 3805ペンス、時価総額は372億ポンドに相当する。エクストラータ株は今年 に入り7.2%上昇。一方、サンパウロ証券取引所で取引されるヴァリ株は同期 間に6.4%下げている。

ヴァリの広報担当者、フェルナンド・トンプソン氏は電話取材に対し、エ クストラータと交渉したことを明らかにした1月21日付の同社資料に言及し たほかは、コメントを控えた。エクストラータの広報担当者、スー・サラ氏は うわさや憶測に関しコメントしないと述べた。

同紙は、ヴァリに近い関係者からの情報として、同社の交渉打ち切りが間 近だと伝えた。最近の株価動向の違いも交渉で意見の不一致を引き起こす要因 となっているという。

-- With reporting by Heloiza Canassa in Sao Paolo. Editors: Andrew Hobbs, Keith Gosman

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Jesse Riseborough in Melbourne at +613-9228-8734 or jriseborough@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andrew Hobbs in Sydney at +61-2-9777-8642 or ahobbs@bloomberg.net