セントルイス連銀総裁:米リセッションは回避の公算-金融政策は適切

セントルイス連銀のプール総裁は11日、 米経済は恐らくリセッション(景気後退)を回避するだろうとして、現在の金 融政策は景気減速に適切に対応しているとの考えを示した。

同総裁はセントルイスでの講演後の質疑応答で、「米経済は恐らくリセッ ションには陥らないだろう」とした上で、「現在の政策は長期的な懸念への対 応と、金融市場の混乱の影響を緩和するという目的の双方にとって適切だと考 える」と述べた。

投資家は3月半ばまでに0.5ポイントの追加利下げを予想している。米金 融当局は2007年9月以来5回の利下げで、FF金利の誘導目標を3%とした。

プール総裁は記者団に語り、個人消費は「弱含み」なものの、「急減速と いうのとは全く違う」との認識を示した。「私が経験し記憶している過去のリ セッションの幾つかでは事態が急激に悪化したが、今回のこれまでの展開はそ れらとは大きく異なる」と述べた。

同総裁は1998年3月に就任し、今年3月に退任する。

プール総裁は聴衆の質問に答え、「中央銀行が」3-5年程度の「中期の インフレ率に責任を持つという点には皆合意している」とした上で、「現在の ところ、インフレ期待という滑りやすい坂で、われわれは滑らず踏みとどまっ ている」と述べた。

-Editors: Chris Anstey, Daniel Moss

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +81-3-3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Vivien Lou Chen in San Francisco at +1-415-743-3506 or vchen1@bloomberg.net; 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +1-202-624-1980 or canstey@bloomberg.net

種類別ニュース: