1月英生産者物価:出荷価格5.7%上昇-12月貿易赤字76億ポンド

英政府統計局(ONS)が11日発表した1 月の生産者物価指数(PPI)統計では、出荷価格(季節調整前)が前年同月比

5.7%上昇し、1991年以来の高い伸びとなった。原材料コストが過去最高水準ま で上昇したことが響いた。昨年12月は5%上昇だった。統計を受けて、イング ランド銀行が追加利下げを見送るとの観測が広がった。

1月の出荷価格は前月比では1%上昇。ブルームバーグ・ニュースがエコノ ミストを対象にまとめた予想中央値は、前年同月比で5.1%上昇、前月比で

0.4%上昇だった。原材料コストは前年同月比19.1%上昇と、統計が始まった 1986年以来で最大の伸びを記録した。

バンク・オブ・アメリカのエコノミスト、マシュー・シャラット氏(ロンド ン在勤)は「衝撃的だ。インフレ懸念が高まるとともに、イングランド銀は早急 な利下げに対して慎重になるだろう」との見方を示した。

イングランド銀は先週、英景気減速の緩和を目指して、過去3カ月で2度目 となる利下げを実施した。記録的水準にある原油価格と食料品の値上がりによる 影響を背景に、生産業者が製品への価格転嫁を進めるなか、政策担当者らは景気 減速とインフレ加速のリスク均衡を図ろうとしている。

エコノミスト調査によれば、1月のインフレ率は2.3%と、4カ月連続でイ ングランド銀の目標値2%を上回ったと見込まれている。英政府統計局は12日 に1月のインフレ率を発表する。

一方、11日発表された昨年12月の英貿易統計によると、対欧州連合(E U)域内を含めた全体の財の貿易赤字は季節調整済みで76億ポンドに縮小した。 11月は79億ポンド(改定前=74億ポンド)。輸出が輸入ほどには減少しなかっ たことが背景。