日中財務相会談:日中経済対話を3月下旬に開催することで合意

額賀福志郎財務相は10日午前、同省内で9 日に閉幕した7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の拡大会合に出席した中 国の謝財政部長と会談し、日中ハイレベル経済対話の第2回会合を3月下旬に開 催することで合意した。また、中国製冷凍ギョーザによる食中毒事件の再発防止 に向けて協力することでも合意した。

会談後、額賀財務相は同省内で記者団に対し「前回会合で日本の税や関税の 仕組みなどお互いに意見交換して連携を保つことになっており、会談であらため て確認した」と述べたうえで、「日中経済対話を3月の下旬に開こうということ になった」ことを明らかにした。同会合の初会合は昨年12月に北京に開催され た。次回会合は東京で開かれる予定。

また、ギョーザによる食中毒事件について、額賀財務相の側から「加速度的 に日中関係は好転しており、事件が障害になってはならない。お互いに事件の解 決と再発防止に努力しよう」と発言。これに対し、謝財政部長は「協力し合って 対応することが大事だ」と答えたという。