東証:三洋電の監理ポスト指定を解除-9日付

東京証券取引所は8日、経営再建中の三洋 電機の株式について、上場廃止の可能性がある監理ポスト指定を9日付で解除 すると発表した。廃止基準に該当しないと認めたためとしている。

三洋電は昨年12月25日に過去の単独決算の自主訂正を発表した際、2003 年3月期から05年3月期までの間、実際には配当に回せる利益がなかったの に計289億円を配当したことなどが判明。これを受け同日付で証券取引等監視 委員会は三洋電への課徴金を勧告、東証は同社株を監理ポストに指定してい た。

三洋電の株価終値は、前日比1円(0.7%)高の151円。監理ポスト指定を 受けた昨年12月25日終値は187円だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE