米ディスカバー、英バークレイズに傘下カード部門を売却-7000万ドル

米クレジットカード会社ディスカバー・ファ イナンシャル・サービシズは7日、英クレジットカード部門ゴールドフィッシュ を、英バークレイズ・バンクに7000万ドル(約75億円)で売却することで合意 したと明らかにした。

ディスカバーとバークレイズの共同発表資料によると、バークレイズは買収 によって、カード加入者170万人と約40億ドルの売掛債権を引き継ぐ。ディス カバーは、2007年12月-08年2月(第1四半期)決算で、売却関連費用として 1億9000万-2億1000万ドルを計上する。

サンドラー・オニール・アンド・パートナーズのアナリスト、マイク・タイ アノ氏は「ディスカバーから余計な部分が取り除かれた」と評価。「今後数四半 期でさらに損失を増やすよりは、現時点で切り捨てた方が得策」と話した。

ディスカバーは昨年6月、モルガン・スタンレーから事業分離され、ニュー ヨーク市場で株価はその後44%下落した。07年9-11月(第4四半期)決算は、 ゴールドフィッシュ関連で2億7900万ドルの評価損を計上したことから赤字と なった。モルガン・スタンレーは、06年2月にゴールドフィッシュを英銀ロイ ズTSB銀行から17億ドルで買収。世界2位のクレジットカード市場である英 国で顧客を増やそうとしたが、ゴールドフィッシュは06、07年とカード保有者 のデフォルト(債務不履行)増加で赤字となった。