津田財務次官:景気対策としての財政出動は慎重に考える必要がある

津田廣喜財務事務次官は7日夕の定例記者 会見で、景気対策としてのマクロ経済政策について「財政政策と金融政策があ るが、それぞれの国の状況に応じた政策が求められる」とした上で、「日本の 財政事情を考えれば、財政政策を出動するのは相当慎重に考えなければならな い」との認識を示した。

また、金融政策については「中央銀行がよく経済の現状をウオッチしなが ら対応していただきたい」と述べるにとどめた。

1兆ドルに近づきつつある日本の外貨準備の運用方針については「金額そ のものが具体的にいくらになったからといってどうと言うことはない」とした 上で、「流動性と安全性の確保に最大限留意しながら、可能な限り収益性を追 及するとの方針で臨んでいく」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE